常識とおりにやっても上手くいくの?だったら非常識もいいんじゃない!?

f:id:romiehk:20170930192350j:plain

こんにちわ!ろみい(@RomieRomie5)です。

 以前、とても変わった会社の記事を読みました。一般企業であれば、絶対しなきゃいけないルール!!!がこの会社では禁止ルールなんです。

 世の中の企業家が社長が、企業がすべてこうであれば、社会は違ったものになっていたと感じるでしょう。ブラック企業も、社員をぼろ雑巾のように使う会社も見習ってほしい..。

多くのことを教えてくれた故・山田昭雄さんが語られたことを通して、考えたことを今日は書きたいと思います。

常識を覆した会社

皆さんはこんな会社が日本にもあるの???とびっくりするかもしれません。

例えば、この会社では、会社勤めであれば必ず必要な「ホウ・レン・ソウ」報告、連絡、相談は禁止残業禁止ネクタイをつけること、上司が部下に命令をする事も禁止。ノルマなし。携帯電話使用禁止などですが、他にもたくさんあるんです。

 

更に、これは絶対うらやましい限りなのですが、年間休日140日(これは日本一です)、育児休暇3年、定年70歳、給料は60歳を超えても下げないパートやアルバイト、派遣はいない。なぜならば、社員にはより良い暮らしをしてほしいから。社員旅行には全員で海外旅行。タイムカードはなし。アイデアには奨励金。他にも変わった会社のルールが並びます。 

 こんな会社で働きたい!

f:id:romiehk:20170930192801j:plain

 

ここまで聞くと、すごく興味がわきますよね。

この会社は、岐阜県にある未来工場株式会社と言います。多くのメディアからの「変わってる~」ということと「成功を収めている」ということで取材をされています。

 この会社の創業者である山田昭雄さんは言います。

 

常識のとおりにやっても儲かる会社はほんの一握り。だったら常識の逆を行こうじゃないか。

 

一般の会社は、コストを削減するために、会社の運営をスムーズにする上に書いたようなことをやるのが普通なのです。また、日本の企業の経常利益率は、3%とか2%が普通なのです。でも、この会社の売上高はなんと200億円以上。利益率は最高22%、平均13%を超えているんです。そして、上場まで果たしています。

 

この会社で働く人から言わせれば「超ホワイトな会社」。会社にとっては、従業員にはものすごくコストがかかるだろうし、実際、この会社では従業員をものすごく手厚く扱っているんですよ。

山田昭雄さんの名言

人をコスト扱いしたくないから全員を正社員で雇う。頑張るために、面白いモノをつくるために労働時間を短くする。思いつくことは自由にやろう。やって駄目なら元に戻せ。挑戦しての失敗ならよし。任せるから全員が持ち場で腕を上げろ。減点主義ではなく加点主義。社長の役目は戦略、社員は戦術立案と実行。これが、電設資材という建築現場でありふれたモノをつくる普通の企業の生きる道ということや。

 

社員は良くしてもらうと、その分ちゃんと働いてくれる。それが利益になる。社長の仕事ってのは、どうすれば社員が喜んでくれるかな。頑張ってくれるかな。と考えることだと僕は思っています。

 

 世の中...こんな起業家、会社、社長ばかりだと変わります!

そして、世間で常識と言われていた反対の事ばかりをして、成功されてます。

f:id:romiehk:20170930193020j:plain

常識を疑おう

何が言いたいかって...?常識を疑い、ひとつひとつを自分で考え、実行することってとても大切だということです。今の社会で起こっていることも、お偉い方々が言っていることも、今まで当たり前と思ってやってきたことも、習慣になっていることも...。

常識の枠にいる自分が窮屈だった

今から20年以上前(わたしが日本にいた頃)です。周りから植えつけられた「こうあるべき!」「常識の中に納まること」が日本で生きる方法と思っていました。自然にそう思ってました。いや、そう思っていた自分にさえ気がついていませんでした。それに気がついたのが海外に出た時でした。「日本の常識は、世界の常識でない。私の常識も自分が作ったもの。」始めて本当の自分に慣れたような気さえしたものです。

f:id:romiehk:20170930193226j:plain

勝手に若いみんなを応援してます!

わたしは今、40代です。20代、30代の方を見ていると、今までの常識をいい意味で少しずつ壊してくれている...と思っています。そして、常識を覆している新しい価値観が急速に広まりつつあると...。ネットの世界では、それがもう起こっていますね。

 企業も上司というタイトルがつく人たちも、今のままの価値観に胡坐をかいて座ってられるのは、そんなに長くはないかもしれない。

 40代、50代も頑張ってほしい!

「40代、50代だから...。」年齢で物事を言うこともやめたい。

わたしは、そう思っています。

 

今、実は再就職をしようと少しずつ活動を始めたのですが、明らかに歳のことは言われますし、40代...というだけで却下ということもあります。でもね、これを常識にしたくないですね。笑。

 

人が言う常識っていったいどこから来ているのか?何をもって常識と考えているのか...

それをそのまま受け取りのではなく、現実として受け止めることはするけれど、

自分らしく、自分の思いを、自分の考えを大事にしてください。

その中で自分で納得して選ぶのです。

 ひとがなんて言ったって...自分の思いを大事にする。

 

わたし事だけど、今はまだ再就職に関しては「未成功」なので犬の遠吠え状態ですが、成功した暁には報告させてくださいね。ちなみにフリーの仕事は続けてます。

では...

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 ろみい

twitter.com