今年2017年の手帳は人生を編集する手帳「EDiT」。来年2018年はどの手帳にする?

f:id:romiehk:20170930222025j:plain

こんにちわ!ろみい(@RomieRomie5)です!

皆さんは、もう来年2018年の手帳は、どれにしようか決められましたか?

わたしは、ほぼほぼ決まりですが...( *´艸`)

今年2017年を共にした手帳「EDiT」の使用感、私なりの使い方をもう一度振り返りたいと思います。そして、来年の手帳選びの参考のひとつとして下さったらうれしいな~と思います。

 

昨年の今頃は、どの手帳にしようかとかなり悩みました。1日1ページの手帳が欲しかったので、最終的にはほぼ日手帳「EDiT」を最後まで悩みまくり「EDiT」にして、1年使い続けました。使い心地は、とてもわたしに合っていました。

手帳「EDiT」って?

www.edit-marks.jp

 

「人生を編集する」をコンセプトに開発された手帳&ノートのブランド。人気の1 日1ページ手帳をはじめ、さまざまなワークスタイルをサポートし、毎日をクリエイティブにするシンプルかつ機能的なプロダクトで、国内外にユーザーを増やしています。

 

手帳は、サイズ、スタイルとともにたくさん出ていますが、わたしが使用したのは1日1ページのB6変形型の手帳でした。

f:id:romiehk:20171028162231j:plain

EDiTにした決めて!

ほぼ日手帳」と「EDiT」をどちらにしようか最後まで悩みまくり、昨年「EDiT」にしたのですが、何が決め手になったかというと、サイズと重さ

ほぼ日手帳よりもほんの少しだけ大きいのだけど、重さは軽い。ほぼ日は文庫本サイズ、「EDiT」はB6変形サイズで1ページ(1日)が縦3cm、横1.5cm ほぼ日よりも大きくなっているんです。ほぼ日は、少し小さいな~と感じた私にはフィットサイズでした。

あと、シンプルさも気に入りましたね。

 

 

年間プランニングページ

最初のページ、開けて1ページめの見開きには、

YEAR PLANが書き込めるスケジュール。

f:id:romiehk:20171028164513j:plain

いつも年の初めに書き込んだ100のしたいことリストを眺めては、書き加えたり、訂正したり...日々、自分の目標とするところは変わっていくものもあれば、ずっと変わらずに夢として、目標として変わらないものがあります。

 

いつも目標がぶれないように、いつも思い出すことはとても大切な時間です。

 

月間プランニングページ

f:id:romiehk:20171028164532j:plain

ここは、毎月の予定、支出予定 ,記録、メモが書き込めるページになっています。

いつもいろいろ書き込むのが楽しみでした。支出のところは、別の項目を書くようにしていますが、EDiT はごちゃごちゃしていなくて、シンプルで自分好みに変えやすいことも好きな理由の一つです。

1日一ページのデイリーページ

どうしても2017年は1日一ページにこだわった毎日のページです。

 

f:id:romiehk:20171028162332j:plain

 

基本、毎日書いていますが、忙しい日が続くと2日ぐらい、ぽっかりと空白になることも、時々あります。

でも、そんなの気にしない。空白になっているページにも思い思いの書きたいこと、メモを書き込んでいきます。重要なメモが書いてある所には、付箋を貼っています。

他にもメモ、アドレス、インターナショナルホリデー、世界地図とタイムチャート、世界主要都市の鉄道マップ、パーソナルデーター...などなどがあります。

 

手帳カバーはどうしている?

実は、「EDiT」の手帳はカバーが別売りされていますが、

わたしは手作り...というか、MUJIの文庫本ブックカバーで代用しました。

 

ジーンズのウエストに縫い付けてあるラベル(紙パッチ)の素材で作りました。使うほどに味が出るので経年変化を楽しめます。 By MUJI

 

ということ、画像ではなかなか分かりにくいのですが、下の無印良品の画像を借りましたが、そちらの色よりも今は、若干濃くなりツヤが少し出ていい感じになっています。

 

f:id:romiehk:20171028162351j:plain

文庫本サイズの手帳でしたら、結構この無印良品のブックカバーは使えると思いますよ!ほぼ日もそうですがEDiTもカバーのお値段はピンキリなのです。ほしいものは高額だったので、昨年はこれにしました...。

このブックカバーは500円(税込み)で購入できます。

 

わたしは、このブックカバーの雰囲気がすごく好きだったんですが、

今も見るたびにうれしくなりますね!

 

www.muji.net

 

2018年の手帳は?

実は、今までいろいろな手帳を使ってきました。

フランクリン・プランナー
・アクションプランナー    
モレスキン
・ QuoVadis Diary.クオバディス

他にもありましたが...忘れてしまいました.。

 

でも、このEDiTは今までで一番しっくりと使いこなせています。いえ、それ以上の働きを私の生活の中でしてくれています。まさに、人生を編集する手帳かもしれません。

 わたしは...

2018年もこのままEDiTで行きます!

 

ほぼ日も使ったことがないので、試しに使いたいという気持ちもあるのですが、毎月の色?というのが意外に合わないような気がしています。

今は、このEDiTのシンプルさ、自由に使えるところが非常に気に入っていて、相性がとってもいいです! 去年は、始めての使用ということでカバーを買わなかったけど、今年は2年目...カバーを購入するかもしれません。でも、なければ、今年つかっていたこの無印良品の文庫ブックカバーをつける予定です(´艸`*)

 

さて、2018年まであと2か月になります。

皆さんの手帳選びはいかがでしょう!

自分にぴったりの手帳と出会えたらいいですね!

 

では

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

 

 ろみい

twitter.com

 

スケジュール帳 2018 スープル・ビス B6変型ウィークリー・バーチカル 2018 12月始まり MARK'S マークス エディット 手帳 EDIT EDiT ダイアリー diary 日記帳 日誌 かわいい かっこいい ウィークリー 18WDR-ETF01

 

スケジュール帳 2018 ぺディール B6変型 2018 1月始まり MARK'S マークス エディット 手帳 EDIT EDiT ダイアリー diary 日記帳 日誌 おしゃれ かわいい レザー調 18WDR-ETA06