【45歳の就職活動】頑張っています。もうすぐ内定?現在の就活状況報告!!!

 

https://www.instagram.com/p/BcKKJBcji_Z/

#osaka #japan #日本 #大阪 #ponds #池

(↑ インスタグラムしています。よければ覗いてみて下さいね!)

 

こんにちわ。ろみい(@RomieRomie5)です。

久しぶりの更新となってしまいました。

最近、面接週に3回ほど行っています。さすがに神経使っています。笑。

2次面接、3次面接までいっている会社が3社あり、並行でこれらが進行しているのは、タフと言われるわたしもさすがにかなりキツイですね

 

さて、一体あれからどうなっているの?

 

ということで、途中経過をお知らせします。

 45歳の就職活動..あれから

本格的に就職活動し始めたのは10月の中頃からです。

一番初めにしたのは、履歴書作成と職務経歴書の作成でした。これが結構時間とられましたが、作成だけは少しづつ準備を前からしていました。内容を何度か見直し、その後、転職エージェントに登録。

 

日本の大手転職エージェントと香港(海外)転職エージェント、合わせて6社に登録しました。日本の大手エージェントは、「今、紹介できる案件はありません。」と返答が来ました。

理由:

・前職は、業界自体が縮小気味。特に海外では現地人員をそろえる傾向。

・履歴書、職務履歴書の内容が薄かった。(→後に書き直しをして、改善。その後は紹介してもらえる企業が飛躍的に増えました。)

 

www.romiehk.com

 やはり海外にいるということで、よほどのキャリアがあれば別ですが、現地に法人を構えている転職エージェントの方が案件(企業紹介)がたくさんあるようでした。

実際に企業の紹介をしてもらったのは、香港(海外)の転職エージェントからでした。

 

転職エージェントからの企業紹介

f:id:romiehk:20171205093541j:plain

3つの転職エージェントから、いろいろと企業を紹介してもらいました。今まである程度の経験を積んできて、多言語が喋れるようであれば、案件自体は結構あるんだなと言うのが感想です。

そして、海外での就職でも、語学なし、経験なしでも紹介できる企業はあるようでしたから、まずは、問い合わせて、転職エージェントに登録してみるのはいいと思います。

 

しかし、前職と比べて好条件の待遇、企業、しかも、キャリアアップをしたいと願っているのなら「これ!」という案件は、グッと少なくなります。

 

しかも、見えない「年齢の壁」は実在する様で、来てもらうなら給料がそこまで高くなくても、これから成長しそうな若い人を望んでいるというのがあることは感じました。

でも、それ以上に40代以上の転職、再就職に関しても、今までの経験を生かして働いてほしいと思っている企業もたくさん知ることが出来ました。

 

皆さん、40代でもあきらめないで!

f:id:romiehk:20171205093813j:plain

わたしの場合、実際にここで働いてみたい。興味があると思い応募した会社は、現在までで5社です。そんなに多い方ではないかもしれませんね。

 

そのうちの1社は、書類選考で「海外出張を長期でひとりでこなせる」というところが無理であろう...ということで、書類選考落ちしました。

 

もう1社は書類選考は通り、面接でも非常に好感触だったのですが、日本の人事部側で「現スタッフとの兼ね合いがとれない。」ということでした。採用見送りとなりました。

つまり会社側のバジェット(予算)や香港にすでにいるスタッフのお給料との兼ね合、年齢が合わなかったということです。

 

どちらにしろ、企業側の要望ではありませんでした。落ち込んではいられません!

 

現在、2次面接、3次面接まで進んでいる企業が3社あります。

そのうちの1社は、1次面接で自分の言いたいことをきちんと伝えることが出来ず、駄目だろう...と、てっきり当てにしていませんでしたが、2次面接が通過しました。

 

不思議なものです。他の2社も2次面接を今週終えたところです。

www.romiehk.com

 

人生初、約3時間の面接

いつも面接に行くと大体約1時間の面接なのですが(これって普通なんでしょうか?)、先日、面接した企業では、3時間弱という面接時間でした。

 

面接の内容(ある企業のケース)

・筆記試験 50分

 日本語・英語の翻訳と筆記テスト

・一次面接 30分

 人事部による面接

・二次面接 90分

 部門責任者による面接

 

ここは、外資系の企業でしたが語学力テストの筆記試験がありました。今回、筆記試験が面接でされたのは2度目でしたが...かなりの量でした。

一次面接は、香港人の人事部によってされました。面接は、英語と広東語。

ここで「良し」とされ1次面接通過となったようです。その後、2次面接になり部門長と他の役職のある方が面接に来ました。非常にリラックスした雰囲気で進み、入社後の自裁の仕事やキャリアの運び方などを話してくれました。

 

久しぶりにものすごく疲れた面接になりました。笑。

結果は分かりません...が。

 

まだ、続く...

f:id:romiehk:20171205093959j:plain

 

10年前に就職活動をした時は、面接を1回しただけで採用が決まったので、今回も比較的早く行けるかも...と思っていましたが、その思いは今は、吹き飛んでいます。

最低でも3次面接が普通となっている企業ばかりなので...

まだ、後があると思うと気が抜けません。3次まで面接が行けたとしても、最後で駄目になるケースもありますから...。

3社か面接は進行していますが、転職エージェントには、良い企業があれば紹介してくださいねとお願いしています。

 

まとめ

本命で受けていた企業は面接を受けてから、本命ではなくなりました。会社を何回か訪問するうちに、会社の雰囲気が垣間見れるのですが、自分に合っていないかも...と思うようになりました。しかし、他に採用してくれるところがなければ、もちろん行くつもりではありますが...。

実際に会社を訪問してその会社のことが分かったり、面接をしてくれた方によって、その会社の雰囲気、上司が分かるので、やはり受ける側からしても面接は非常に大切だなと思います。面接自体にも慣れてきますよ。

 

あと、面接で時々、社内のことを話してくれますが...表には出ていない話を聞くときに「これだけでも面接に来た価値があった。」と思うこともあります。笑。

 

正直、早く決まってほしい~~~~。と思いますが、

まだまだ、頑張ります...。

 

 では

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 海外生活ブログへ
にほんブログ村

ろみい

twitter.com

 

 

www.romiehk.com